しみ そばかす 飲み薬

しみそばかすを消すには飲み薬

しみやそばかすを消すには飲み薬が効果的です。お肌の内側から白くなるためのシミそばかすのお薬を美容マニアが検証中。

ボディのシミは予防と飲み薬で対策

しみやそばかすは顔にできると目立ちますが、実はボディにもできてしまいがちですね。

デコルテやうなじといった 紫外線が当たりやすい箇所だけでなく、背中などにもいつの間にか・・・ということがあります。

リゾート地で水着になったのは ほんの数時間だけだった、という場合でも浴びた紫外線が蓄積されて 気が付くとシミが出来ているということも。

ボディのシミは 顔と比べると できる速さなどが違うと言われています。

顔のシミを取る方法で一番おすすめは?

顔のシミを取る方法は沢山ありますね。

 

美白クリームを使ったり、飲み薬やサプリメントでシミ対策をするという方法もあれば、レーザーでバシっと取ってしまう方法も。

 

こういった方法の中で 一番いいのはどれでしょうか?

しみを日焼け止めで予防

シミやそばかすの予防で 普段から手軽に使える方法といえば日焼け止めですね。

日焼け止めというと、ベタつくし、白浮きしてしまう、ということで苦手という方も多いのでは。

 

hiyakedome
最近は 日焼け止めの種類が増え、ベタつきにくい使用感、ジェルタイプで白浮きしくいタイプのものも増えています。

しみそばかすの予防にも飲み薬

しみやそばかすを消すために飲み薬を活用する方が増えています。

 

では、この飲み薬は できてしまったしみやそばかすにしか効果がないのでしょうか?

 

しみそばかすの飲み薬に含まれる成分 ビタミンCやL-システインは 新たにしみができるのを抑える働きがあります。

 

yobou
ですので しみやそばかすが出来るのを防ぐためにも活用できるのです。

 

ついつい 夏場にシミができてしまうから 対策をしておきたいという方に おすすめできます。

シミの飲み薬の成分

シミというと お肌の外側から美白成分を塗りこむ軟膏が皮膚科で処方されることがありますし、似た成分の美白コスメも多く発売されています。

 

お肌の外側から使う美白成分には ハイドロキノンやアルブチンといった成分が多く、中にはとても強い漂白作用で知られるものもあります。

 

こういった美白コスメに慣れている方にとっては 飲み薬というと このような成分を飲むのかとドキッとするかもしれません。

 

jyosei10021

ですが、飲み薬の成分は 外用薬とは同じではありません。

しみやそばかすには何故飲み薬?

しみやそばかすのケアって  いままでは外から美白成分を塗るものって思っていましたよね。

 

だってCMでも美白といえば化粧水やクリームなどの化粧品がほとんどですし。

 

でも これだけあふれているのに シミやそばかすに悩む女性はまだまだ多いですよね。

 

これは何故??